太陽光(ソーラー)発電施設を設置するためには様々な許可や届出が必要です!


 

クリーンな再生可能エネルギーとして重要度が増している太陽光発電ですが、施設を設置するためには様々な許可や届出が必要になります。

施設の規模や設置する場所によって要否が分かれますが、例として、農地法に基づく農地転用許可、景観法に基づく届出、文化財保護法に基づく届出、河川法に基づく許可などがあげられます。また、それぞれの自治体の条例(※)により許可や届出が義務付けられている場合が多くなっています。

弊所では、太陽光発電施設の設置に必要な法令や条例を調査し、煩雑な申請や届出の代理や代行により皆様をサポートさせていただいております。

お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

ーーー長野県東信地域ーーー

小諸市環境条例、佐久市自然環境保全条例、佐久市開発指導要綱、上田市太陽光発電設備の設置に関する指導要綱、東御市環境をよくする条例、長和町自然環境保全条例、御代田町環境保全条例、軽井沢町の自然保護のための土地利用行為の手続等に関する条例、立科町開発基本条例、佐久穂町環境保全条例、小海町自然保護条例、南牧村美しいむらづくり条例 etc.


2018年6月、佐久市において、「佐久市太陽光発電設備の設置等に関するガイドライン」及び「佐久市太陽光発電設備の設置等に関する要綱」が策定されました。新要綱は、本年9月1日から施行されます。


面倒な許可・届出は 弊所に お任せください!